会社概要

会社概要

ニッチリッチ株式会社

弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

これまでの弊社の成長は決して事業環境に支えられただけのものではなく、お客様の皆様のご協力によって積み上げられてきたものであります。「お客様第一」を経営方針として積極的に、皆様のお役にたてるよう、努力に努めて参ります。

今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ニッチリッチ株式会社

執筆物

好評発売中!!
ホステル&カプセルホテルの
開発・マーケティング計画と運営実務資料集

インバウンドなどから支持され、増加する「ホステル」、「ゲストハウス」、「カプセルホテル」! リノベーション・コンバージョン事業としても注目される有望簡易宿所事業の法制度から 事業化のポイント、収支計画、運営実務までを詳解!

●A4判/縦型/114頁●定価65,000円+税●2016年1月7日発刊

「ホステル」、「カプセルホテル」の開発・経営ノウハウを詳解いたします。

矢印購入・詳細ページへはこちらから

ホステル&カプセルホテルの開発・マーケティング計画と運営実務資料集

プロフィール

高校時代3年間、卒業後1年間

計4年間ビル管理会社で働く。
ホテルの清掃・オフィス・住宅などの特殊な清掃を行い。
現場責任者として他の従業員の教育、現場の指揮に従事。

20歳~4年半

調理師として働く。
寿司部門の責任者として働くことで仕事の段取りの組み方、効率的な仕事方法、カウンターでのお客様とのコミュニケーション、クレーム対応、店内の状況を全て瞬時に把握し的確なサービスを提供する能力を習得。

25歳

カナダバンクーバーにて1年間移住
海外の文化を日本食を通して感じるため、現地の寿司屋にて働きながら語学、外国人の感覚・文化・風習を学ぶ。
寿司屋に来ていたホテルのスタッフよりホテルでの仕事のオファーを受け、ホテルマンとしてカナダに永住する決意を固めるも直後にアメリカでのテロが起き、ホテルの経営自体が厳しい状況になり滞在のビザが切れる時期が迫っていた為、帰国。

26歳

帰国後様々なアルバイトを経験し自分の使命とは何かを考える。
いままでの仕事人生を振り返り高揚感・充実感を味わう瞬間はいつもお客様からのサービスに対する感謝のお言葉を頂いた時と気付き、サービス追及を通して社会に貢献していくことを誓う。

27歳から5年半

六本木のビジネスホテル(77室)でホテルマンとして働く。
毎日様々なお客様とのやりとりの中でサービス能力が磨かれていき、色々なクレームを活かし顧客創造へと繋げていく方法を取得。
当時他のホテルがあまり提供していなかったサービスを企画し実行、稼働率・利益ともに大きく改善していく。 特に稼働の落ち込みが低い日曜日(平均稼働率50%/当時)を85%にまで引き上げる。
ホテルの責任者となりホテル運営全般を任され、特にサービスの原点である人材の教育に力を入れる。

31歳

ホテルの責任者となり年月が経過した時、蓄積してきたサービス能力だけでなくそれを更に経営に繋げていく能力を高めるため「大前研一のアタッカーズビジネススクール」で全教科を受講、1年間あらゆる側面からビジネスを学ぶ。
その後、ホテルを退職しビジネススクール講師の助手を経験し他の生徒のサポートを担当。
ビジネススクール事務局での仕事も経験し様々な有名経営者から学ぶ機会を得る。

32歳

大手ゲストハウス運営会社のホテル開発部門を担当。
ホテル新規開発の仕事に従事しながら既存ホテルの経営支援も行い過去最高の売上・利益を更新する。

35歳

震災で閉館してしまった現在のオークホテルの運営を任される。(71室/最大収容人数126人)
半年で利益の出る状態にし、その後は毎月過去の記録を超える結果を更新し続ける。
世界中の旅行者達からの温かい支援もあって数々の賞を受賞。
様々なメディアでも取り上げられるホテルとなる。

37歳

これまでのサービス・経営・外国人対応のノウハウを活かし、更に世界中の旅行者に楽しんで日本を観光して頂けるよう現在の「ニッチリッチ株式会社」を設立。
オーナーとの間で運用受託契約を結びオークホテルを継続中。

38歳

オーナーとの間で運用受託契約を結びオークホステル禅をオープンする。(27室/最大収容人数104名)
オープン数日でホステルを満室にし、初月より黒字を達成。
2か月目より稼働90%を超える状況を創り出す。

台東区・墨田区・文京区で70室以下のホテル・ホステルを対象に運用受託・コンサルティングを行います。

上記の様なことでお困りでしたら当社にご相談ください!
お問い合せ メールでもお問い合わせはこちらから
  • COGICOGI
  • OAKHOTEL
  • OAKHOSTEL
  • 経営の原理原則を貫くニッポンの社長たち 弊社代表インタビューはこちら